KEEN Blog

Archive for the ‘DEAI’ Category

ありがとうございました!2014夏「DEAI」

Tuesday, August 19th, 2014
今年も越後妻有大地の芸術祭の作品「DEAI by Bubb and Gravityfree with KEEN」は無事夏の開館を終えることができました!
 
お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。
 
台風の影響やあいにくの天気が続きましたが、涼しい天候のなか過ごすことができました。
 
image005-9
 
見渡す限り田んぼの広がるこの地域は、世界有数の豪雪地帯。
 
冬の時期には2m3mの積雪があり、まさに自然と人がともに暮らす「里山」が残る地域です。
 
image006-8image007-8
 
DEAI」のあるここ新潟県津南町・太田新田は、現在ほとんどが高齢者となり、限界集落と呼ばれる地域となっています。
 
40年の古民家をリノベーションして作られた「DEAI」には、昔おばあさんが生活しており、畑の触れない冬の時期はわらぞうりや籠を編んで安値で販売していたそうです。
 
image008-12
 
初めてこの古民家を訪れたとき、生まれたときから物にあふれ、「靴」を履いて育った私たちにとって、この手作りのわらぞうりが現代の人々が失おうとしている大切な文化の1つであることに気付きました。
 
縄文時代、約16000千年前から続いているかもしれない文化が1つ消滅しようとしている瞬間に、私たちは存在しているのです。
 
このような時代に誕生した現代の「わらぞうり」をつくるKEENのシューズは、天然素材を使用し、接着剤を軽減するなど、環境に配慮したものづくりを行っています。
 
おばあさんの「わらぞうり」とKEENの「現代のわらぞうり」。
 
それはまさに過去と現在であり、物と物の出逢いが、これからの「未来を模索せよ」という強いメッセージを発信しています。
 
今年も10日間の開館の中で、たくさんの笑顔や素敵な出逢いがありました。
 
image009-9
 
思い思いの過ごし方で、「DEAI」の発するメッセージを受け止めていただけたのではないでしょうか。
 
image011-14
 
3年に1度、新潟越後妻有にて開催される大地の芸術祭。
 
次回開催は、来年2015年です。
 
2012年から進化・変化をとげ、年々新しい表情を見せてくれる「DEAI by Bubb and Gravityfree with KEEN」。
 
また来年、ここ新潟津南「DEAI」でお会いしましょう!
 
そして今週の土曜日8/23()には、地元・太田新田のお祭りが開催されます。
 
何十年もにぎやかさを失っていたこのお祭りも、「DEAI」開館とともに年々にぎやかさを取り戻していると地元の方もおっしゃっていました。
 
失われつつある文化を保ち、次の世代に伝えていくこと。
 
そして「出逢い」がもたらす「Happy」を、ここ津南で紡いでいきたいと思います。
 
「大地の芸術祭の里」越後妻有2014夏は、引き続き8月末まで開催しておりますので、ぜひ足をお運びくださいませ!
 
「大地の芸術祭 越後妻有2014夏」ホームページ:http://www.echigo-tsumari.jp/calendar/event_20140801_31_2014summer

————————————————————————————————————————————————

 

今年の夏も開館!新潟越後妻有『DEAI』

Tuesday, August 5th, 2014
越後妻有 大地の芸術祭の作品「DEAI by Bubb and Gravityfree with KEEN」のコミュニティハウスが、この夏も期間限定で開館いたします!
 
3年に1度、新潟越後妻有にて開催される大地の芸術祭。
 
次回開催は来年2015年と待ち遠しい気持ちでいっぱいの中、88()817()の期間限定でDEAIを開館いたします。
 
40年の古民家をリノベーションして作られたDEAI 
 
2012年の芸術祭開催時に出品し、現在も進化・変化をとげているアート作品です。
 
image002-4
 
image004-7
 
今年の夏も野外フェスで全国をかけまわり、活躍している空間工作人のBubb氏とGravityfreeのふたりが創る空間。
 
過去と現在、田舎と都市、そして人と人の出逢いをここ津南で創作しています。
 
田んぼに囲まれたDEAIで過ごす夏、ぜひ体験してください。
 
太田新田にてお待ちしております。
 
image006-6
 
BubbGravityfree with KEENDEAI〜』
開館日:88()17() 
開館時間:10:0016:00
作品番号 :042
DEAIのみの鑑賞:300
場所:新潟県中魚沼郡津南町大字秋成8685
「大地の芸術祭 越後妻有2014夏」ホームページ:http://www.echigo-tsumari.jp/calendar/event_20140801_31_2014summer
 
【作品のコンセプト:出逢い】
“過去と現在が出逢い、未来を紡ぐ。”
現代の足をケアするKEENのシューズと、古き良き時代には日常的につくられていたわらぞうりの出逢いが発信するメッセージ。
「過去から学び、現在を考え、まだ見えない未来を照らすアイデアを模索しなければならない。」

————————————————————————————————————————————————

 

DEAI on GOOUT magazine

Thursday, August 2nd, 2012

GOOUT

DEAI by Bubb and Gravityfree with KEEN

Echigo-Tsumari Arttriennale 2012

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012

藁座布団 for Recess in DEAI (Echigo-Tsumari Artfield)

Monday, July 16th, 2012

-開催まで、あと12日-

KEENは、2012年7月29日(日)- 9月17日(月・祝) の51日間、越後妻有地域 (新潟県十日町市、津南町)で開催する大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012に、企業初のアートプロジェクトとして、アーティストのBubb and Gravityfreeと共に、コミュニティハウスを公開します。

ロケーションは、津南町の太田新田という集落。アートとなる古民家は、10年前まで農家のお母さんが暮らしてました。

BubbとGravityfreeが住み込みで製作し、津南町の方々から多くのサポートや手伝いをいただいています。

タイトルは、DEAI by Bubb & Gravityfree with KEEN

この3連休、KEEN Japanスタッフは、地元津南町の農家の方々の指導のもと「藁座布団」づくりしてきました。

指導していただいた方々は農と縄文の体験実習館「なじょもん」で藁(わら)のモノづくりを教えています。
(津南町は、縄文文化の宝庫だそうです)

1枚完成するのに、2日はかかるそうです。

DEAIに訪れる人達が、藁座布団に腰掛けてRECESS(休憩)してもらえるよう、スタッフも心待ちにしています。

作品づくりの間、たんぼでRECESSするスタッフ。

お母さんが自分のサイズで編んでいたのが、大切に保管してありました。


↑津南町の小学生ちゅうや君に、縄なえづくりを教わるKEENスタッフ。

Echigo-Tsumari Arttriennale 2012 オフィシャルグッズ

【SHANTI ARTS 88 Matsudai】
Men's
http://www.keen-japan.com/item_view.asp?id=517&cr=0
Women's
http://www.keen-japan.com/item_view.asp?id=518&cr=0

同シューズは、大地の芸術祭ミュージアムショップ(新潟県十日町市まつだい「農舞台」、越後妻有里山現代美術館/キナーレ)でも販売されます。

KEEN売上の一部はライスペーパー88を通じ、まつだい棚田バンクの普及活動、及び、棚田の保全のために役立てられます。

 

KEEN ジャパン ブログ is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).