KEEN Blog

Archive for the ‘UNEEK/ユニーク 最新情報’ Category

「UNEEK(ユニーク)」ストリート ポスタージャック スタート!!

Friday, May 27th, 2016

01

 

5月27日(金)~ 6月9日(木)の期間、原宿キャットストリート及び裏原エリアにてストリートポスタージャックを実施しています。原宿駅前や裏原宿の各ロケーション壁面・ビルなどを「UNEEK(ユニーク)」と「UNEEK O2(ユニーク オーツー)」計10種類のポスターで一色に!お近くにお越しの際はぜひチェックしてみてください!!

 

02

 

03

 

04

 

05

 

06

 

07

 

08

 

09

 

10

 

関連リンク

UNEEK(ユニーク)スペシャルサイト
UNEEK O2取扱店についてのお知らせ!
KEEN STORES

 

UNEEK O2取扱店についてのお知らせ!

Tuesday, May 24th, 2016

blog_o2


2016年5月28日(土)より、下記店舗にてUNEEK O2を販売いたします。


※カラーやサイズなどは、直接店舗までお問い合わせをお願いいたします。
※番号のお間違えには十分ご注意お願いいたします!

 

【2016年5月28日(土) 販売開始】


KEEN GARAGE HARAJUKU
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-14-2
03-5466-7350


KEEN GARAGE OSAKA
〒530-0001 大阪市北区梅田3-2-135
06-6136-7081


KEEN POP UP STORE
〒150-8377 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ パート1 B1F
03-3477-8870


KEEN公式オンラインストア
http://www.keenfootwear.com/


うめだ阪急(*KIDSシューズのみの取扱いになります)
〒530-8350 大阪府大阪市北区角田町8番7号 11階 こども靴
06-6313-2204


伊勢丹新宿店(*KIDSシューズのみの取扱いになります)
〒160-0022 新宿区新宿3-14-1
03-3352-1111


オッシュマンズ・ジャパン新宿
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-37-1
03-3353-0584


オッシュマンズ・ジャパン原宿
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-14-29
03-3478-4888


オッシュマンズ・ジャパン吉祥寺
〒180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-11-2
0422-28-7788


オッシュマンズ・ジャパン池袋
〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店8F (南A11)
03-5957-5565


オッシュマンズ・ジャパン二子玉川
〒158-0094 東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズSC リバーフロント
03-5491-4488


ボストンクラブ HEP
〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町5-15 HEPFIVE 5F
06-6366-3927


ムラサキスポーツ上野本店
〒110-0005 東京都台東区上野4-6-10
03-3831-1868


ムラサキスポーツクイーンズスクエア横浜店
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-4 クイーンズスクエア横浜 [アット!]3rd 3F
045-682-2840


ムラサキスポーツテラスモール湘南店
〒251-0041 神奈川県藤沢市辻堂神台1-3-1 テラスモール湘南 4F
0466-38-3181


ムラサキスポーツmozoワンダーシティ店
〒452-0817 愛知県名古屋市西区二方町40 mozoワンダーシティ 4F
052-509-5121


ムラサキスポーツなんばシティ店
〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波5-1-60 なんばCITY 南館 B1F
06-6635-0051


emmi
〒160-0022 東京都渋谷区新宿区新宿5丁目4-1-6 NEWOMAN新宿2F
03-6380-1018


emmi LIMINE YURAKUCHO 3F
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-5-1 ルミネ有楽町 3F
03-6206-3844


LOFTMAN COOP UMEDA
〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町15-22 アーバンテラス茶屋町B-1,C-2
06-6371-5881


LOFTMAN COOP KYOTO
〒604-8045 京都府京都市中京区寺町通蛸薬師下ル円福寺前町280
075-212-5352


LOFTMAN COOP ‘Ohana
〒604-8045 京都府京都市中京区寺町通蛸薬師下ル 円福寺前町281
075-256-8008


MISCHIEF
〒372-0801 群馬県伊勢崎市宮子町3406-3 いせさきガーデンズ内
0270-61-6776


MITA SNEAKERS
〒110-0005 東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
03-3832-8346


SNEAKERS by emmi UMEDA HANKYU 4F
〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町8-7 うめだ阪急 4F
03-6313-9596


SORA堀江店
〒550-0015 大阪市西区南堀江1丁目15-7
06-6533-8885


SORA渋谷ヒカリエ店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ ShinQs 4F
03-6434-1674


Weekend Tips OSHMAN’S ルミネ立川
〒190-0012 東京都立川市曙町2-1-1 ルミネ立川6F
042-548-1106


W&E ATRE EBISU WEST 2F
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-6-1 アトレ恵比寿 西館2F
03-5475-8647


W&E FUKUOKA PARCO 1F
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2-11-1 福岡パルコ 1F
092-235-7128

 

【2016年6月1日(水) 販売開始】


WILD-1宇都宮駅東店
〒321-0954 栃木県宇都宮市元今泉4-14-8
028-633-1182


WILD-1多摩NT店
〒192-0364 東京都八王子市南大沢1-22-16
0426-70-7550


WILD-1デックス東京店
〒135-0091 東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ アイランドモール5F
03-3599-5311

 

「UNEEK(ユニーク)」のウィンドウ ディスプレイがKEEN直営店でスタートしました!

Friday, April 1st, 2016

「UNEEK(ユニーク)」のウィンドウ ディスプレイがKEEN直営店でスタートしました!2本の紐とソールで作られた注目のオープン・エア・スニーカーを直営店でチェックしよう!

 

【KEEN GARAGE 原宿】

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-14-2
営業時間: 11:00 ~ 20:00(不定休)
TEL: 03-5466-7350
Facebook: KEEN Garage – Harajuku

01

02

 

【KEEN GARAGE 大阪】

〒530-0001 大阪市北区梅田3-2-135 ALBi内
営業時間: 11:00 ~ 21:00(不定休)
TEL: 06-6136-7081
Facebook: KEEN Garage – Osaka

03

04

 

【KEEN meets BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS】「UNEEK(ユニーク)」でスタイルサンプル公開中!

Friday, April 1st, 2016

【KEEN meets BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS】「UNEEK(ユニーク)」でスタイルサンプル!

 

新感覚なスニーカー「UNEEK(ユニーク)」の伸縮性抜群の編み込みアッパーは、履き心地の良さはもちろんのこと、モデル名通りのユニークなルックスが特徴。では、このサンダルはどのようにコーディネートするのがイマドキなのか?

「ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店」スタッフのみなさまのスタイルサンプルが、ヒップでユニークなファッション、カルチャー、ライフスタイルが集うWEBマガジン「HOUYHNHNM(フイナム)」にて公開中!

注目のオープン・エア・スニーカーのスタイルをいち早くチェックしよう!

 

【KEEN meets BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS】「UNEEK(ユニーク)」でスタイルサンプル!

Photo_ Yuzo Touge
Text_ Yuho Nomura
Edit_ Hiroshi Yamamoto

 

【KEEN UNEEK STORE at オモハラステーション】期間限定店舗3/18(金) オープン!

Friday, March 11th, 2016

01

アウトドアフットウェアブランド「KEEN(キーン)」を展開するキーン・ジャパン合同会社は、靴づくりの常識を超えたユニークなオープン・エア・スニーカー『UNEEK(ユニーク)』シリーズを取り扱うポップアップショップ『KEEN UNEEK STORE at オモハラステーション』を、ファッション感度の高い原宿・表参道にある東急プラザ表参道原宿内に、2016年3月18日(金)~4月30日(土)の期間限定でオープンいたします。

03

『KEEN UNEEK STORE at オモハラステーション』でメイン商品となる『UNEEK(ユニーク)』シリーズは、KEEN創業者の長男である、Rory Fuerst, Jr.(ローリー・ファースト・ジュニア)が世界にひとつしかない究極のフィット感を追求し、3年半の歳月を費やして考案した22世紀のスニーカーシリーズです。昨年2015年3月19日(木)より日本で本格的に販売を開始し、2016年も引き続き大変好評を得ております。今回の期間限定店舗では、2016年のUNEEK新作モデルや新色を中心に販売展開をいたします。

 

KEENは「CREATE」「PLAY」「CARE」という3つの約束のもと、今後もさまざまなアウトドアプロダクトや社会貢献活動を通じて「HybridLife(ハイブリッド・ライフ)」を提案していきます。

 

【「KEEN UNEEK STORE at オモハラステーション」概要】

店舗名: KEEN UNEEK STORE at オモハラステーション

期間: 2016年3月18日(金)~ 4月30日(土)

場所: 東京都渋谷区神宮前4‐30‐3 東急プラザ 表参道原宿 3F

営業時間: 11:00~21:00(東急プラザ 表参道原宿営業時間に準じる)

 

【開発者Rory Fuerst, Jr.(ローリー・ファースト・ジュニア)略歴】

02

KEEN創業者Rory Fuerst (ローリー・ファースト)の長男として生まれたRory Fuerst, Jr. は人生の大半をこの業界に費やしており、2006年からはフットウェアの外観やあり方を変えるデザイン開発から商品化までを携わる正式な役職に就任しました。Rory Fuerst,Jr.が心を惹かれこの業界に入るきっかけとなったのが、「現状に疑問を呈し、日々挑戦してゆく」というKEENブランドの果敢な姿勢でした。彼のキャリアを代表するプロジェクトのひとつが、2013年に誕生した『UNEEK』の開発であり、試行錯誤の連続だったデザイン作業は3年半にもおよび、その陰では数多くの試作品が生まれては消えてゆきました。『従来とはまったく異なる構造ながら、可能な限りの無駄を省いたシューズの開発』という難題を課せられた彼は、一切の既成概念を捨て去り、アーバンとアウトドア、機能とスタイルという境界を越えたまったく新しい構造のフットウェアである『UNEEK』を誕生させました。『UNEEK』はプルスルー構造という編み込まれたナイロンコードによるシンプルかつ自由に動くコードジャンクションを採用しており、自在に形を変えるアッパーはユーザーの足に瞬時にフィットします。

 

2016SS UNEEK LOOK公開中!!

Friday, March 11th, 2016

『UNEEK(ユニーク)』スペシャルサイトでは、イヅカケイタさんディレクション&スタイリングのLOOKを公開しています。


04

Produce_ 4K[sik]
Direction & Styling_ Keita IZUKA
Photographer_ Naoto KOBAYASHI
Hair & Make_ Yoshikazu MIYAMOTO

 

【猪塚慶太 スタイリスト】

1974年生まれ。2003年よりスタイリストとして活動をスタート。雑誌から広告、アーティスト、ショーのスタイリングに至るまで、幅広い分野で独自のセンスを発揮している。

ファッション誌、広告、俳優のスタイリングなど、活動の幅は多岐に渡り各方面から高い評価を得ている。また、確かな審美眼による新鋭ブランドのピックアップは必ずと言っていいほど話題に上がるなど、常に注目を集める。

 

【小林直人 フォトグラファー】

1984年生まれ。2011年より守本勝英氏に師事し、フォトグラファーとして2014年に独立。雑誌から広告、カタログに至るまで幅広く活躍中。

 

KEENがサポートを続ける“大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015”《DEAI(出逢い)》に行ってきたんだよ

Friday, August 7th, 2015

01

毎日暑い日が続きますね。こんな時は都会の喧噪を離れて、心静かに里山でアートと向き合う旅に出かけてみてはいかがでしょうか。現在、3年に1度の現代アートのお祭り「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015」が、新潟県十日町市・中魚沼郡津南町にて開催中です。約400点にも迫る展示作品のなかには、KEENがペインティングユニット・Gravityfreeと空間プロデューサーBubb氏らアンバサダーと挑んだ古民家再生アート作品《DEAI(出逢い)》も出展されているそう。ちゅーわけで、アートフェス巡礼が大好きなミニくまちゃんも、バイクでばびゅーんと越後妻有に遊びに行って来ました。

 

02

東京から関越道を休憩なしで3時間30分。新潟県中魚沼郡津南町太田新田にDEAIはあります。広大な芸術祭のエリアの中では、ほぼ南端に位置する作品。レンタサイクルで来るのはまず無理なので、クルマかバイクを推奨しますでな。鉄道の方は、シャトルバス(ほくほく線まつだい駅〜大地の芸術祭津南総合案内所)とバスツアー(津南・秋山郷コース)を利用して「太田新田」にて下車するとええよ。

 

03

遠くからでも目を引くのは、キン肉マンやウルトラマンみたいにトンガった屋根。豪雪地帯ならではのかたちですよね。この辺、マジで冬場は3メートルほども雪が積もるようです。

 

04

DEAIに近づくにつれて聞こえてくるのが涼しげな水の流れ。用水路から引き込まれる池が気持ちよさそー! 冬は厳寒ですけど、夏の日中はめちゃくちゃ暑いのも越後妻有の特徴。この寒暖差が米どころたるゆえんなのよね。

 

05

ちなみにこの池には足をつけてちゃぷちゃぷできます。タオルもサンダル(ヨギ)もリラックスチェアも借りられちゃうので、日がなチルアウトするのもアリ。

 

06

池に足をつけたい衝動を抑えながら、正面にまわってみました。のれんと壁面のグラフィックが特徴的。

 

07

実は前回の2012年から展示されているDEAIですが、今回は主に外壁がバージョンアップ。Gravityfreeによる太田新田の春夏秋冬のグラフィックが描かれています。こちらは春夏。

 

08

こっちは秋冬ですね。このUFOみたいな、カレーパンみたいなかたちは、藁の編み目「紡ぎ(つむぎ)」をモチーフにしているのです。

 

09

外壁の板も紡ぎ模様にカット。色がかぶらないよう、キチンと考えてはめ込まれています。

 

10

入り口ののれんも「紡ぎ」をモチーフ。のれんは新潟県小千谷市で260年以上もの歴史をもつ染色工房「紺仁」が手がけたもの。実は紺仁とコラボした「Shanti Arts」もございます。

 

11

渡辺篤史ばりに外観をなめまわしたところで、ようやくお邪魔しますよ。

 

12

入り口にあったのはおなじみKEENの各種ハイキングシューズ。大地の芸術祭開催中、DEAIに併設されるこの「KEENトレッキングギアセンター」で無料レンタルできるのです(土日は屋外で開催)。作品を求めて野山を歩きまわることが多い大地の芸術祭では足もと固めが肝心。返却は十日町駅、まつだい農舞台、大地の芸術祭津南総合案内所にて返却ボックスに入れるだけです。

 

13

※参考までに、農舞台にある返却ボックス。

 

14

ミニくまちゃんのカメラマンも今回ばかりはUNEEKではなく、「TARGHEE Ⅱ MID – TAC」でお仕事してます。軽くて水濡れしないところがお気に入り。

 

15

DEAI手ぬぐいなんかも販売されておりますな。入場料は300円ですが、バスツアーの人は無料。あと、他の作品も見てまわる方は会期中有効なパスポート(大人3500円)が絶対におトクでっせ。

 

16

Gravityfreeセレクトの心地よいサウンドが流れるなか、来場者を待ちかまえるのは、のれんインスタレーション。地域とその文化の過去・現在・未来と向き合う空間が続きます。

 

17

かつての住民が残した古い家財道具を展示した「過去」の間。この家に10年ほど前まで住んでいたのは、わらぞうりや籠を作っていたおばあさん。いわばDEAIは、古き良き時代のわらぞうりと、現代のシューズKEENが出逢って生まれた作品というわけなのです。これで「紡ぎ」パターンの理由もわかったでそ?

 

18

こちら「現在」の間。来場者が思い思いに感じたことを書き残すことができる場。大地の芸術祭で学び感じたことをまとめ共有せよー。そんなメッセージが伝わってきます。

 

19

最後に待ちかまえる「未来」の間。太田新田で採れる大地の恵みに射す、虹色の光。より良いアイデアが未来を照らし出すというメッセージが込められているとか。

 

20

ポケットアルバムにはかつての住人、小野塚のおばあちゃんと飼い犬のスナップショットが。じんわりと里山に暮らす人々の営みが伝わってきます。

 

21

もうひとつ目を引くのは、KEEN Garage 大阪やKEENショールームのデザインも手がけるBubb氏による、1階から吹き抜けをつらぬく巨大な流木によるツリー状のオブジェ。古民家も吹き抜けにした途端、モダンな印象になるんですねえ。

 

22

2階壁面にはGravityfreeによるグラフィティ。星空がキレイなことでも有名な太田新田ですが、その中心を流れる中津川をモチーフに地域一帯の地図を宇宙に見立てた「中津川銀河」を描いています。実は作品内には3つほどUFOも隠されているとか。そういえばUFOって「紡ぎ」にも似ていますよね。

 

23

それでは2階にあがってみましょう。ザッザッザ。照明もいちいちオシャレで、住みたいです。

 

24

過去の田舎暮らしと現在の若者のオルタナティブライフが混在する本棚。しつこいけど、住みたい。そして冬の厳しさに泣きたい。

 

25

DEAIをモチーフにした「Newport H2」もございます。

 

26

最後に2階から吹き抜けを見下ろしたところでバイバイ。わらぞうりが並んでますね。

 

この日もめちゃくちゃ暑かったんですが、日が暮れるとぐっと気温が下がるのが越後妻有の特徴。暑いのも8月9月だけで、つい先月まで長袖だったそうです。実際、ミニくまちゃんもバイクでまわりましたが、日中の暑さに何度くじけそうになったかわかりません。くれぐれも日傘なとの暑さ対策と、水分補給をお忘れなくです。

そんな大地の芸術祭は9月13日(日)まで。もともとアートに明るくなかったミニくまちゃんですが、3年前に訪れた大地の芸術祭で見事ハマって、いまや全国各地のアートフェスの旅を楽しむまでになりましたからね。アートフェス未体験の方ほど、ぜひとも軽い気持ちでお出かけしてみてください。

というわけで半年間にわたって更新してきましたUNEEK.jpの「ミニくまちゃんGO」ですが、ひとまずこれにておしまいです。今後も大地の芸術祭訪問記をはじめ、登山記録、美術展探訪記などは、ミニくまちゃんのブログ「KUMAYAMA.com」でもご紹介しますので、よろしければご覧くださいね。ご拝読ありがとうございました。バイバイ!

 

リンク

大地の芸術祭の里

DEAI 出逢い

Gravityfree

 

UNEEKに新色とニュータイプが登場!KEEN2015秋冬の注目モデルをチェックだよ

Friday, July 24th, 2015

01

さる7月7日には『マツコの知らない世界』(TBS系列)で2015春夏のUNEEKが紹介されちゃったりして、やおら注目が集まっているUNEEK界隈ですけども、そういえば前回エントリの「KEEN 2015 FALL & WINTER COLLECTION」でお披露目された新色やニュータイプのご紹介が遅れてましたよね。というわけで、2015年秋冬のUNEEK新商品やKEENの注目モデルをダイジェストでご紹介するよ。

 

02

それでは早速、2階のショールームへ。ザッザッザ(ドラクエの階段SE)。

 

03

まずはみんなが注目しているUNEEKの秋冬カラーだよ。クライミングロープをモチーフにした新しいコードの起用で、雰囲気がガラリと変わってよりアウトドアちっくに、ミリタリーちっくに変身。右からBLACK/GREEN GLOW、BLACK/BURNT OLIVE、GINGERBREAD/BRONZE MIST(以上メンズ)、DAHLIA MAUVE/WARM OLIVE、BLACK/LAGOON、BLACK/BALLARD BLUE(以上ウィメンズ)。一部カラーはすでに店頭に並んでいるので、他のUNEEKユーザーと差をつけたい人は素早くチェーックです。

 

04

そしてこちらがニュータイプの「UNEEK 8MM」。アッパーコードを8mmの平ひも(ファットレースというらしい)にチャンゲ! 肌の露出が少なくなるので、UNEEKのスニーカー感が増すほか、秋冬でもちょっとあったかいという機能面も備えました。靴下とあわせてオフィスシューズとして利用するのもOK。特にオフィスのサンダル履きで男性の足の指先が見えちゃってるのって女性からするとけっこうNGみたいですからね、UNEEKやYOGUIで隠した方が無難かも。

右からMAGNET/VAPOR、MIDNIGHT NAVY/SPECTRA YELLOW(以上メンズ)、NEUTRAL GRAY/DAHLIA MAUVE、CELESTIAL/BLUE GROTTO(以上ウィメンズ)。お値段は300円アップの1万2300円(税抜)。

 

05

秋冬のUNEEKのコーディネート例。カタログにも出ているのですが、こちらはアザーカットです。

 

06

さて、UNEEK以外の注目モデルもチェックしますでな。こちらはKEENを代表するアウトドアスニーカー「JASPER」が、バージョンアップした「JASPER ROCKS」(手前から4足)。ソールが厚めになって滑りにくく、アッパーも汚れにくく雨もしみこみにくく進化したため、登山でも使えるタフさを備えました。

 

07

従来の「JASPER」にもハーフ&ハーフの新色が追加されましたよ。

 

08

JASPERシリーズもこんな塩梅でコーディネートしてちょ、とKEENからのご提案。

 

09

カジュアルラインでのイチオシがコーデュロイ素材の「MADERAS MID」。最近流行りのキャンバススニーカーですが、靴のソール部分を結合する際に接着剤を使わない「ダイレクトバルカナイズド製法」とやらで作られているそう。素材や製造工程含め、環境負荷を極力おさえられているそうです。ナチュラリストにぴったり。他にローカットの「MADERAS OXFORD」もあります。

 

10

そして冬といえばブーツ!ということでロングセラーの「ELSA BOOT WP」が全色ニューカラーで登場。もこもこであったかいわりには蒸れにくい、理想の一足。もちろん、雪道でもすべりにくく、ウォータープルーフなので濡れないのも嬉しいポイント。女の子用なのでミニくまちゃんは履けませんけどね!

 

11

コーディネート例ですよ。

 

12

男性用は?ということで、こちらKEENの創業モデル「NEWPORT」を冬用にカスタマイズしてしまった「WINTERPORT Ⅱ」。従来のウィンターブーツと異なり、軽さと快適な履き心地がポイントだとか。見た目はゴツいけど、すごいのね。メンズ、ウィメンズともに展開あります。

というわけでズザザーッと駆け足で見たKEEN 2015年秋冬注目モデルの数々、いかがでしたでしょうか。ミニくまちゃん的にはやっぱり「UNEEK 8MM」が気になるところです。あとはアウトドアへのアプローチシューズとして「JASPER ROCKS」なんてのもアリかなと思いました。これらのモデルは早ければ7月末から8月上旬にかけて店頭に並ぶとか。入荷時期はKEEN取り扱い店か、KEEN Japanにお問合せくださいませね。また、コーディネイト例や限定モデルなどを網羅した秋冬カタログも店頭で配布しはじめているので、ぜひぜひゲットいたしましょう(地味にバッグとかも良いのよ)。

この秋冬もUNEEKを楽しみあれー。

 

2015秋冬/2016春夏展示会スペシャルイベントにお邪魔したんだよ

Friday, July 17th, 2015

01

タダ飯とタダ酒に目がないパーリーピーポーのミニくまちゃんです。実は今週7月14日(火)から17日(金)まで、「KEEN 2015 FALL & WINTER COLLECTION」と題した、この秋冬アイテムのプレス向け展示会が代官山で展開しているんですけど、15日(水)夜のみカクテルパーティーやライブが楽しめるスペシャルイベントが開催されるということで、UNEEK非公認アンバサダーのミニくまちゃんも勝手にお邪魔してきた次第です。

 

02

テーマは「Follow Your Feet」。2015秋冬プレス展と、2016春夏バイヤー展も併催。

 

03

潜入できた会場は2フロア構成。1階は2016年春夏展示会場で、2階は2015年秋冬モデルの展示会場です。

 

04

ライブを披露していたのは、3カ月ぶりに再会したKEENアンバサダーの千尋ちゃん。コール&レスポンス!

 

05

千尋ちゃんの心地よい歌声に酔うため、ミニくまちゃんもおビールいただいていいでしょうか。

 

06

場内にはオモハラステーションのワークショップでお世話になったCHACOのお二人も。乾杯!

 

07

さらにスペシャルゲストとして、エベレスト登頂中ベースキャンプでネパール大地震に遭ったなすびさん。実はミニくまちゃんもエベレストBCまで行ったことあるんだよねー、と記念撮影。7月31日にはKEEN Garage 原宿でトークイベントを行うそうですのでお楽しみに。

 

08

そうこうするうち、会場ではKEENアンバサダーのGravityfreeのお二人によるライブペインティングが黙々と進んでおります。7月26日から始まる「越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭2015」では、彼らとBubb氏の共同作品「DEAI(出逢い)」が見られます。

 

09

千尋さんに続いてKEENインフルエンサーの東田トモヒロさんによるアコースティックライブ。

 

10

オーディエンスはしっとりと聴き入っておりました。ミニくまちゃんもなー。

 

11

そうそう、会場内にはもちろんUNEEKの展示も。あの見たことのないカラバリはなにもの?

 

12

諸事情でボンヤリとしかお見せできないんですが、2016年春夏展開予定のモデルもずらりんこ!

 

13

ライフスタイルに沿った凝ったディスプレイも見どころのひとつ。このテーマは旅かな?

 

14

こっちは丁寧な暮らしをほうふつとさせるディスプレイ。ナチュラル&オーガニックな雰囲気。

 

15

で、やっぱりミニくまちゃんが気になるのはキッズコーナーです。自分の部屋が欲しいナア。

 

16

ライブパフォーマンスはいよいよ佳境。千尋&東田トモヒロによるスペシャルセッションでシメ!

 

17

Gravityfreeによるライブペインティングも無事に完成。2時間たらずですごい完成度です。

 

18

で、ミニくまちゃんはというと…酔っ払いました。もう飲めませ〜ん。

 

というわけで、おいしいお酒と美しいアートに浸った楽しいひとときでした。UNEEKファンとしての注目はやっぱり2016年春夏で大量投下されそうなカラバリの数々ですが、もちろんその前に注目したいのは2015年秋冬モデルでして、こっちも実はカラバリのみならずニューモデルの展開もありますので、引き続き「ミニくまちゃんGO」にてお伝えしますね。おったのしみにー!

 

リンク

千尋

東田トモヒロ

Gravityfree

CHACO

しゃくなげの花プロジェクト(なすびさんによるネパール被災地支援)

★KEEN POP UP STORE @ ISETAN新宿店★

Wednesday, July 1st, 2015

本日7/1(水)から7/7(火)まで、伊勢丹新宿店 本館・婦人靴売場(2F / 10:30〜20:00)にてKEEN POP UP STOREを期間限定OPENします!今回のテーマは『KEEN FOR SUMMER』。好評のUNEEKや定番のスポーツサンダルを中心に、夏の涼しげな足元を提案しました。また7/1(水)〜7/4(土)の期間に、店頭でKEEN商品をお買い上げのお客様(先着10組の親子様)に向け、伊勢丹新宿店内の特設撮影エリアにてプロカメラマンによる撮影会を予定しています。(撮影日は7/4(土)のみ。詳しくは店頭にてご確認ください。)お近くにお越しの際には、是非お立ち寄りください!

Isetan_Pop-up_IMG_2096
Isetan_Pop-up_IMG_2085

KEEN Garage 原宿3周年!6月13日(土)・14日(日)はイベントあるよ

Thursday, June 11th, 2015

01

東急プラザ 表参道原宿の期間限定UNEEK STOREは、好評のうち5月31日に終わっちまいました。でもUNEEKが似合う夏本番はこれから。暑くなってきて急にUNEEKが欲しくなったらどうすれば?という無計画なあなたにお知らせしたいのが、原宿キャットストリートにございます、KEEN直営店のKEEN Garage Harajuku(原宿)です。実はこのお店、この6月で3周年なんですよ、知ってました?

 

02

場所はRAG TAGさんの隣です。向こうからミニくまちゃんの知り合いが歩いてきてびびった。

 

03

店内に入るとドカンとお出迎えするのがUNEEKの現行フルラインナップ!

 

04

UNEEK STORE限定だったアイテムも、なぜかHARAJUKU限定として継続販売されています。

 

05

特に男性に人気なのが、こちらのMagnet/Black。オレンジの発色がキレイよ。

 

06

なお、ウィメンズのStar Whiteはほぼ完売。代わりに使いやすいNeutral Gray/Vaporが売れてます。

 

07

ちなみにまどか店長のおすすめはGreen GlowとPurple Heart。モノトーンコーデの差し色に最適。

 

08

店内は本社がある米国ポートランドのKEEN Garage1号店と同じテイストでまとめられてます。

 

09

廃材やリメイク家具を使った店舗はポートランド(米国)、トロント(カナダ)に次ぎ世界で3番目。

 

10

こうしたくるくるまわすリフト型什器も本国から取り寄せたもの。

 

11

あら、直営店 & オンライン限定モデルのVoyageur Mid。こうして限定品が多いのも特徴だそう。

 

12

廃材を使った階段をあがると2階は…ストックルームでした! STAFF ONLY。

 

13

ウォーターサーバーがあるのでマイボトルがあれば水がくめます。原宿の給水スポットですね。

 

14

そんなKEEN Garage 原宿が3周年を記念して、6月13日(土)〜14日(日)にイベントを開催。

2日間、KEENのシューズを購入した方は、その場で刷るシルクスクリーンによるTシャツ制作のワークショップにご参加いただけます。柄はこれまでKEENが制作してきた4パターンのうちからひとつ選んでプリントにチャレンジ。成功しても失敗しても、もちろんTシャツはお持ち帰りOK。ミニくまちゃんも何か1枚作ろうかしら。というわけで、UNEEKのフルラインナップはもちろん、KEENシューズの全貌を知りたい方はKEEN Garage 原宿へおいでやす。

 

ちなみに最後まで読んでくれた方への耳より情報。現在ほぼ売り切れ中のオールホワイトのレディースは「もしかしたら、秋冬モデルが入荷するタイミングで、オンラインの在庫が一部復活するかもしれない」とのこと。時期ははっきりとわからないそうですし、実際にオールホワイトがどこかで売れ残っているかもわからないのですが、とりあえず秋冬モデルは早いと7月下旬から展開するそうですので、あきらめきれない!という方は毎日オンラインストアをF5アタック(冗談ですよ)すると良いでしょう。

 

リンク

KEEN Garage Harajuku Facebook

 

スニーカーマニアにとってUNEEKってどうなのよ?

Thursday, May 14th, 2015

01

「UNEEKあるある」のひとつに、「UNEEKってサンダルなんでしょ?」という誤解があります。でもUNEEKには「オープン・エア・スニーカー」という肩書きがあるように、KEENとしては新ジャンルの「スニーカー」として販売しているんですよね。ミニくまちゃんもついうっかり口をすべらせて「サンダル」って言っちゃいますけど…。じゃあ、KEENが手がけた新感覚スニーカーは、ゴリゴリのスニーカーマニアたちの目にどう映るのか。

そんな興味深いイベント「Sneaker Speaker Vol.8 – KEEN “UNEEK”」が、KEEN Garage Harajukuにて開催されるとのことでいっちょ参加してきました。

 

02

8回目を迎えるスニスピは、毎回テーマを変えてスニーカー文化を語り尽くすイベントなのだそう。

 

03

3部構成で1部のみ招待制でした。おお皆の衆、ポートランドのビールが飲めるぞー。

 

04

第1部のテーマは「UNEEKのポテンシャルを検証」。登壇者もお客さんもぎっちぎちです。

 

なお、今宵の登壇者は──
・南井正弘さん(ライター、『RUNNING gear MASTER』編集長)
・鹿子木隆さん(RFW)
・関村求道さん(TOKYOHEMPCONNECTION*THC)
・中込敦志さん(OSHMAN’S元シューズバイヤー)
・阿部良友さん(CONVERSE)
・国井栄之さん(mita sneakers)
・今井タカシさん(TIMAI)
・高木雅樹さん(KEEN JAPAN)

 

そして司会に『SHOES MASTER』の河瀬真さんという豪華な顔ぶれ。ミニくまちゃんは業界事情にあまり明るくないのですが、いまもしこのKEEN Garage Harajukuが『漂流教室』よろしく異世界にワープしてしまったら、きっとスニーカー業界ははかりしれない大損害をこうむるに違いありません。という妄想はさておき、まずは各人「UNEEKの画期的なポイント」について意見交換。

 

05

みなさんのミニくまちゃんに寄せる「なんだこいつ」感が怖いですね。

 

「KEENはサンダルの印象があるけど、実は創業モデルのNewportもスニーカーだった」(南井)
「甲とかかとがしっかりホールドされているから、スローペースなら走れる」(南井)
「幅広で履きやすいデザインにしてはシュッとしてる」(関村)
「今年に入ってモノカラーが登場して、スニーカーっぽさが際立ってきた」(今井)
「ちょっとしたシューズ革命。まるでミニ四駆の肉抜き軽量化みたいな印象」(国井)
「見るからに手作りで、同じメーカーとしてすごいなって思いました」(阿部)

といった意見が飛び出しました。

 

そして何より「履き心地がスニーカー」ということで、晴れてスニーカー業界的にも「UNEEKはスニーカーである」と認められました。よかったよかった。

 

06

お次はあえて聞きたい「UNEEKの弱点」。ここは匿名で披露しておきますね、なんとなく。

 

「ちょっと高いので、将来的には廉価版で1万円以下があれば…」
 →現在は手作りなので、オートメーション化できれば可能かも?
「キッズ用があればもっと売れるのでは」
「小石とか入ったら大変そう」
 →ソックス履きがおすすめ。近ごろ足を保護するソックスなども登場している
「今後は太いコードで作ったモデルなどバリエーション展開を見てみたい」
「水場で履いて滑らないか不安」
 →ナイロンコードなので速乾性あり。ソールもデッキシューズのような構造で滑りにくい

 

というようなあんばいでした。これにて定員20名のところ、40名近くが押し寄せた第1部が終了。

 

07

本日のDJはDJ OCTOPUS a.k.a 4CE FINGERッ!!!! ぼくもちゅくちゅくさせてー。

 

08

続いての第2部ではUNEEKの構造を紹介。もうみなさんにはおなじみですよねー。

 

09

スペシャルデモとして制作キットでUNEEK作りを実演。これがあれば特製UNEEKが作れるのか!

 

10

ちなみに慣れていないと1足作るのに半日ほどかかっちゃうんだそうです。たいへん。

 

11

制作途中のUNEEKたち。ミニくまちゃんモデルも作ってほしいなー。

 

12

第3部は来場者の方々に実際にUNEEKを体験してもらう試着会。

 

そこで拾ったご意見は──

「まるで裸足みたいな、何も履いていないような軽い履き心地でした」
「圧迫感はないけど、しっかりとしたホールド感はあるので不思議」
「カラバリがいっぱいあるので悩んでしまう」
「それ(ミニくまちゃんが作ったシューズアクセサリー)可愛いですね」

 

などなどおおむね高評価でした。

 

13

第1部参加特典の特製ガーリー スリング。ミニくまちゃんもいただいたのでお出かけに使います。

 

そんなこんなで2時間半にわたって、UNEEKについてああでもないこうでもないと語らいあったSneaker Speaker Vol.8。この後、さらにアフターパーティーとしてスニーカー飲み会も開催されたようです。めでたしめでたし。

 

リンク

Sneaker Speaker Vol.8|SHOES MASTER

 

 

KEEN ジャパン ブログ is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).