KEEN Blog

絶景のハバスパイ渓谷でハイキング  By チェルシー・ヤマセ



KEENアンバサダーのチェルシー・ヤマセです。グランドキャニオンのオアシスと呼ばれているハバスパイ渓谷でキャンプ・ハイキングをする時のアドバイスを紹介します。



1. オフシーズンが狙い目
ハバスパイが一番にぎわうのは春休みと夏(特に6月〜8月)。2月のハバスパイは人も少なく、景色を独り占めしながら静かな時間を過ごせるのが魅力的。唯一の難点は、インスタジェニックな緑いっぱいの写真が撮れないことぐらい。



2. キャンプの許可は早めに予約
ハバスパイでキャンプするには許可が必要。日本からの時差を考えると電話よりオンライン予約がオススメ。キャンプ許可証はハバスパイ村で受け取り、そのときに入場料を支払います。

予約サイト www.sunrisereservations.com



3. 動物注意
トレイルでは動物に遭遇することもしばしば、トレイルに向かう道中でも道路に鹿や牛が飛び出してくることも…。今回は砂漠でクマがいないので普段キャンプにもって行くような食品保管用の「ベアボック」は必要ありませんでしたが、リス対策が必要でした。可愛らしい見た目によらず、バックパックを開けて食べ物を持っていってしまうので注意が必要。ペットボトルや密閉できるプラスチック容器に食べ物を入れてていくと、軽くて持ち運びにも便利。



4. シューズは2個持ちがベスト
シューズはハイキングシューズとウォーターシューズの2種類持っていくのがオススメ。ハバスパイのハイキングコースは最大で2,000度の高度差があり、足元も砂が多い場所から岩場、水辺とさまざまに変化するので、その時々で歩きやすいシューズに履き替えて歩きました。



5. トレイルのトイレはきれいで快適
トレイルハイキングでネックになるのがトイレのこと… ここのトイレは整備がされていて、暗くて狭くて臭いのこもった個室のイメージとは別世界。おがくず堆肥を使って排泄物を分解する仕組みで、周囲の土壌と河川をきれいに保つことにも配慮がされています。



まるで桃源郷にいるような気分
ハバスパイは「青緑色に輝く水のある場所」という意味のインディアン語。その由来のとおり美しい場所。
この場所で過ごした4日間、目で見るもの、肌で感じるもの、全てが驚きと感動の連続。赤みを帯びた砂岩の崖から流れ落ちる滝の輝き、夜空を埋め尽くす無数の星、朝から夜までどの瞬間も美しいその景色はまさに桃源郷。グランドキャニオンのオアシスと呼ばれるのも納得。(写真は今回のハイキングのゴールハバス滝)



<今日の行き先は?>



<今日のシューズは?>

テラドーラ(Terradora)




<投稿者>
チェルシー・ヤマセ (KEEN アンバサダー)
インスタグラマー、アスリート、モデル、旅行ライターとして活動中。KEENのトレイルフィット・アンバサダー。
チェルシーのインスタグラム


Comments are closed.



KEEN ジャパン ブログ is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).